8月のブライダルブーケのご依頼を頂きました。

3年毎の8月は、あるお花の作品展があります。毎回、様々なテーマで作品を出品していますが、今年はウエディングをテーマにテーブルセッティングをしてみました。

また、偶然にも、8月に結婚する友人からもお花のご依頼をいただきました。

ということで、盛夏の頃のウェディング用ブーケ、ブートニア等のアレンジメントを2例アップ致します。

 

作品展に出品した一連の作品は、「Green Lumiere Wedding」

ルミエールとはフランス語で光の意味。英語とのミックスですが、さしづめ「グリーンの光の中で迎えるウェディング」といったような意味です。
連日30度を越す真夏、極力爽やかなグリーンを多くしつつも、ウエディングの白をイメージしてのセッティング。
生のお花とアーティフィシャルフラワーをともに使い、アレンジしてみました。

生花だけでなく、アーティフィシャルフラワーを用いるのは、特に花が傷みやすい季節には、適していますが、それよりも

最近のアーティフィシャルフラワー(略してアート)は、非常に出来が良く、本物と見まごうような表現ができます。

来場されたお客様も、お花に詳しい方、興味のある方が多いのですが、かなりの方が「これ本物じゃないの!」と驚かれていました。

至近距離でつぶさに見れば生かアートかは判別できますが、式場などで、少し離れていたり、照明の当たり具合によっては、

誰も分からない位です。

wp-1472306214829.jpg

ブーケ(写真下)とそれをデコレーションするトータルコーディネートに用いたお花は、

生花で、ダリア、アジサイ、バラ3種類、トルコキキョウ、テッポウユリ、グリーンスプレーカーネージョン、レモンリーフ、アスパラガスアーティフィシャルフラワーで、ユーチャリス、カサブランカ、白アジサイ、スプレイバラ、白デンファレ、その他、グリーン(葉もの…)やオリーブの実という構成です。

ちなみに、上の写真で中央に見えているゴールドのものは、キャンドルです。シンプルなグリーンと白に対する差し色として、今回ゴールドを使いましたが、ゴールドが入ることでぐっとグレードが上がります。よく見ると赤くて可愛いろうそくの芯もポイントになっていますね。

wp-1472434442280.jpg

 

一方、友人の結婚式では、淡さとカラフルさを取り入れたスタイルのお花を

こちらは8月にお友達が結婚することになり手がけさせていただいたサーモンピンクのドレスに合う花冠です

友人ということもあり、彼女の性格やイメージも良く良く知っていましたので、彼女のほうからも「お任せで」ということで仕立てさせていただきました。

当初、サーモンピンクに合うボールブーケを依頼されたのですが
お色直し後の花嫁の白の装いにも似合う色にすることで、どちらの雰囲気にも自然と溶け込むように作ってみました。

wp-1472434453555.jpg

 

こちら(写真下)は旦那様が付けるブートニアです。

wp-1472434428846.jpg

 

 

 

 

wp-1472434514182.jpg

爽やかさと瑞々しさをイメージして これから永遠を誓うあなたへ…

Greenと光は大地のエネルギーが満ち溢れてる

自然の力が優しく心を癒してくれる空間

これから光は2人の進む道をそっと照らしてくれる

ポジティブに、そして美しい笑顔の絶えない人生を迎えられますように…

 

エコ☆エコ フラワーアレンジ法で、思い出を残す方法も!

今回、ブーケや花冠は、アーティフィシャルフラワーを用いていますので、そのままご自宅で飾り続けることも可能です。

ただ、やはり何年か経つと、置く場所に困ったり、部分的に焼けてきたりすることがあります。

そういう時は、お客様のご要望によって 額・小さな花瓶・器・小さなブーケなど、コンパクトに再度アレンジを致します(^_-)-☆。

思い出はそのままに、そして今の暮らしに合わせた模様替えをすることで、お花のある暮らしができます。

バレンタイン♡・母の日・父の日・ハロウィン・クリスマス・季節のアレンジ・お誕生日・お祝い・ウエディング・などなど…ずっと長く使えて飾れるお花

モンレーヴはエコアレンジで一年を通して使えるアレンジを提供しています。是非、ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

夏の親子で体験アレンジ❕ワークショップのご報告

先日エスニカで体験アレンジを行いました‼

暑い中お越しいただいたお客様に感謝もうしあげます。

はじめての親子アレンジ教室だったので私もドキドキ💓しながら始まったお教室だったのですが無事お教室も終了‼ 午前の部は、写真を撮るのを忘れてしまいましたので、午後の部の様子とともに、ワークショップでの様子、それに生徒さんの作品をご紹介致します。

monreve 夏のワークショップ

今回のテーマは、古材風のフレームを作り、そこに私のフラワーアレンジメントを施すというもので、前半のフレーム作りは、エスニカの田原さんによるDIYを行いました。

ラワン材を好きな四角になるように切断し、釘を打って固定。その後、古材風になる不思議な液体で染めると、1時間もしないうちに古材のような風合いに変化。

これは、お酢にスチールウールを漬け込んだもので、木材のタンニンという成分に、お酢にとけた鉄分が反応するからだそうです。

のこぎりやカナヅチ以外にも、便利なDIYグッズが、どんどん登場してきて、楽しい木工の時間でした。

 

後半は、いよいよ、私の出番。フレームの背面には、マグネットが付く特殊な塗料が塗ってあって、それをキャンバスにみたて、グルーガンやハサミを駆使して、アートフラワーを固定。さらにリボンや貝がらを飾り付けていきます。

小学3年生の作品

お父さんに手伝ってもらいながら、盛りだくさんに飾りました。配色もなかなかセンスよく、仕上げにコーナーに設けたリボンでぐっと締まりました。

親子連れのお母様の作品

普段から手を動かすこと、それにお花が大好きとあって、お花のボリュームや位置も、なかなかのもの。白いリボンが大人の雰囲気に!

画面左 中学生のお嬢さんの作品

リボンやハートのシールなど、ラブリーなものが好きというお嬢さん。ついつい、増やしてしまいそうになり、お母様にもう十分よ!なんて言われたり・・・ こういう会話が生まれるのも、親子講座ならでは。

午後の講座は、予定していたより1時間もオーバーしての講座になりました。

当初、親子で1作品という予定でしたが、それぞれに作りたいということで、急遽フレームを作るなどもありましたが、無事、怪我もなく終了しました。

これまで、ずっと自宅サロンでの講座ばかりでしたが、今後は、こうして外での講座も増やして、お花のある素敵な暮らし、華やかな空間づくりを応援していけたらと思います。

次回はハロウィン・クリスマスアレンジとイベントが続きますので楽しみにしていてください

詳細は9月に入ったらお知らせする予定です。